2010年 05月 19日
全日本ロードレース
先日の全日本ロードレース筑波ラウンドでの出来事

J-GP3/GP125クラスの走行中 ある選手が結構ハデに転びしばらくの間かなり痛がっていたので、
大丈夫かな 怪我してないかなー と撮影の手を止めてフェンス越しに見ていたら、近くに居合わせた
タイヤメーカーのスタッフと思しき人に、「良いの撮れました?」 と聞かれました。

質問の意図が良くわからなかったので最初のうちは適当に返事していたんですが、
>良いの・・・=転倒シーンの(良いの)・・・ と云う事が判明し愕然とした次第です。


でっかいレンズ持ち歩いているとそんな決定的瞬間ばかり狙っているとでも思ってるんですかね。
2輪、4輪に限らずクラッシュは大きな怪我に繋がるのでなるべくならそんなシーンは見たくないんですけどね。

ファインダー越しにそんなシーンが見えたらシャッター切る指が止りますよ・・・(私の場合は)


転倒シーンなどを嬉々として載せているブログもたま~にありますが、人間性も疑われそうだし、
私はそういったところにあまり近づきたくありませんね。


注1:あくまでも転倒の瞬間とか、痛がっている選手と云う意味です
   無事が確認された後の選手の画像とかはその範疇ではありません

注2:あくまでも私はそう思うですので・・・


この件、かなり悩みましたがあえて掲載します。


画像は本文とは一切関係ありません(コース上の集合写真の撮影前やりとり)

f0205433_22384874.jpg


Canon EOS-1D Mark II N EF24-105mm F4L IS USM

by taka-q_p956 | 2010-05-19 22:42 | 全日本ロードレース


<< 全日本ロードレース      トライアル世界選手権 日本GP >>